そう 永遠で一瞬で君にとってのすべてだ